057983

お中元の時期とマナーBon Festival gifts

<お中元とは?>

道教の中元(旧暦7月15日)「さまざまな罪を赦すこと」を願う日で、

同じ日に行われていた仏教のお盆の行事と結びついたことから、

お中元が始まりました。

これが日本に伝わり親類や隣近所に仏様

に供えるお供物を送る習慣となりお世話になった人への贈り物をする

習慣になったそうです。この習慣をお中元と呼び、

「いかかおすごしですか?」の季節のあいさつの1つです。

057983

 

<お中元贈る時期>

 

一般的には、7月1日から7月15日までに贈るとされていますが

東日本では、7月1日から7月15日まで

西日本では、8月1日から8月15日までとされていたようです。

 

 

<お中元の相場>

 

相手によっても相場は変わってきますが、一般的には、3千円から

5千円ぐらいだと言われています。ですが、特別にお世話になった

方などには、5千円から1万円ぐらいの金額の物を贈ると良いかも

しれません。値段に関わらず喜ばれる物を贈りたいですね。

 

 

<喜ばれる贈り物>

 

定番の、お菓子やジュース、コーヒーなどはどの家庭でも喜んで

貰えますが、相手の好みがわからない時などには、家庭で使う

消耗品の洗剤や調味料なども良いと思います。

あとは、相手に好きなものを自分で選んでもらうカタログギフトも

喜んでもらえるアイテムだと人気です。

 


 

個人的には、日本三大和牛の松阪牛(A5ランク)のギフト券を

お中元として贈っていてとても喜ばれます。

 


 

<贈る際の礼儀とマナー>

 

・目上の人に贈る場合の、のしの表書きは「暑中御伺い」

「残暑御伺い」と「伺い」と言う言葉を使う事が好ましい。

 

・インターネットで注文発送の場合、相手が目上の人である時は、商品が

届く時期を見計らって、手紙やハガキで挨拶状を送る事をわすれずに。

 

・喪中の時に贈る場合は、のし紙や水引はさけ、白無地の短冊にお中元と

書いて贈る事が無難とされる。また贈る時期をずらして「暑中見舞」や

「暑中御伺い」としてもよい。

 

・「踏みつける」と言う意味をもつ履物類や「勤勉奨励」の意味がある

筆記用具や時計、「縁が切れる」と言う意味の刃物類、「お金を贈る」

と同様の金券類なども贈らないようにすること。

 

 

 

役に立ったと思ったらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

PS.お中元は英語でBon Festival giftsだよ。