隠された現金を探しだせ「Hidden Cash」

宝さがしゲーム「Hidden  Cash」隠された現金

アメリカのサンフランシスコで、匿名の不動産投資家で

アメリカ国内で上位1%の富裕層に入る人物によって

宝さがしゲームが行われた。

ツイッターの「Hidden Cash」隠された現金というページで

現金の隠し場所のヒントをツイートしているという。

同市内では、100ドル札や20ドル札数枚が封筒に入った状態で

見つかっており、「Hidden Cash」ツイッターページでは、

見つけた人達の喜びの声や写真がツイートされている。


photo by caza_No_7

 

宝さがしゲームを始めた人物によると、契約成立によって

数千万単位の利益につながった為、富を社会に還元して

人々を笑顔にしたいという思いでこのゲームを始めたという。

 

1日あたりの総額は1000ドル程で、今週中にも

ロサンゼルスをはじめ他の都市にも手を広げるつもりらしい。

 

お金持ちだからこの宝探しゲームが出来たのではなく、

このようなお金の使い方を知っているからこそ

富裕層にまでのぼりつめる事が出来たのだろうと思う

 

お金には「生き金」と「死に金」の2種類が存在する

「生き金」とは、人を助ける為や喜ばせる為に

使われるお金の事で、このお金はいつかあなたのもとへ

巡り巡って帰って帰ってくる。

逆に「死に金」とは、自分が喜ぶためだけのお金や

目的もなく貯蓄されているお金です。

こうしたお金は波動も低く、マイナスの事柄を引き寄せます。

 

本来お金は使う為に作られています。

使われなければ、お金だって生きる意味を見失ってしまいます。

そんなの、お金が可愛そうではありませんか?

お金に喜んでもらう為には、誰かに喜んでもらう為に使うことです。

その結果、プラスのスパイラルが発生して誰かを喜ばせる為の行動で

自分が喜ぶ事になるんです。まさに因果応報


人気ブログランキングへ
PS.誰かの為にできる事をやってみよう。