敬老の日 の由来と喜ばれるギフト

敬老の日はいつ?

平成14年までは9月15日でしたが、

平成15年から毎年9月の第3月曜日に変わりました。

敬老の日は、もともと「としよりの日」という名前で

昭和29年に中央福祉協議会によって制定されましたが、

この名称がひどすぎると各地で議論がおこった為、

昭和38年の老人福祉法の制定に伴って「老人の日」

に改正されましたが、この名称もまた語呂が悪いなどの

理由から昭和40年に現在の「敬老の日」となりました。

そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、

「老人を敬愛し長寿を祝う」として、国民の祝日に

なりましたが、3連休の余暇を楽しんでもらおうという

ハッピーマンデー制度によって毎年9月の第3月曜日

が敬老の日になました。そして9月15日~21日が

「老人週間」とされています。

 

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s
「敬老の日」は英語では「Respect for the Aged Day」と言います。
 

敬老の日の由来

敬老の日の由来は「聖徳太子説」と「養老の滝説」の

2つの説があるようです。

 

「聖徳太子説」

聖徳太子が四天王寺を大阪に建てた際、ここに四天王に

あわせて、敬田院・ 悲田院・施薬院・療病院の四箇院を

設置したといわれています。一流の国家は福祉も一流で

なければならないという理想から現在でいう老人ホーム、

悲田院を9月15日に設立した事からこの日が選ばれた説

 

「養老の滝説」

元正天皇が霊亀3年(717年)に養老の滝(岐阜県)へ行幸し、

年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。

老いた父に酒を飲ませたいけれど、貧乏で十分に飲ます事が

出来なかったキコリの息子が、ある時足を滑らせて谷間に

落ちたところに酒の流れる滝があるのを見つけ老いた父に

大好きな酒を持ち帰って飲ませてあげれたという養老の滝の

伝説から、この故事にもとづき、全国的に9月中旬頃に地域

のお年寄りを招待して敬老会を開くという風習から

9月15日を敬老の日に定めたという説

 

どちらの説とも、確かな確証はありませが、どちらも

お年寄りをリスペクトする気持ちから始まったようですね。

 

敬老のお祝いは何歳から?

長寿のお祝いで、赤いチャンチャンコとずきんを送るという

「還暦」の60歳からと思いがちですが、最近の60歳は、

心身ともに若い方が多い為、65歳~70歳と地域で定めて

いる場合があります。70歳以上からでも良いと思います。

喜んで貰えるギフト集

おじいさんおばあさんに聞いた欲しい物ベスト5

 

1.ネクタイ、鞄などファッショングッズ

(普段自分では購入しない物が良いみたいです。)

 
2.おいしい食べ物や飲み物

(好みがわかりやすいため選びやすいです。)

 
3.お花

(特におばあさんの意見です)

 
4.旅行

(近場でも良いので一緒に出掛けたいそうです)

 
5.電化製品

(パソコンやデジカメなどのハイテク機器も含まれていました)

 

あとは、コミュニケーションだったり貰えるなら

何でも嬉しいなどの微笑ましい回答もありました。

喜んで貰えるものを贈りたいですね。

 

平成26年から平成35年の9月第3月曜日

 
2014年(平成26年)9月15日(月) 
2015年(平成27年)9月21日(月) 
2016年(平成28年)9月19日(月) 
2017年(平成29年)9月18日(月) 
2018年(平成30年)9月17日(月) 
2019年(平成31年)9月16日(月)
2020年(平成32年)9月21日(月)
2021年(平成33年)9月20日(月)
2022年(平成34年)9月19日(月)
2023年(平成35年)9月18日(月)
 

 

役に立ったと思ったらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ