1b64a1520a03a6aa2d1929d29335edd8_s

六曜の意味「いまさら聞けない」言葉辞典

六曜とは?

六曜は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類を指し、赤口は第6番目に位置する。縁起の悪さで言うと、赤口が最も不吉であり、仏滅が次いで不吉とされる。

【大安】

(たいあん・だいあん)

六曜の一つで大吉日。婚姻,移転,建築,旅行,新規事業の開始など,すべてのことに終日吉とされる。万事大吉で,成功しないことはないという。大安吉日に結婚式を行うことは,友引の日に葬式を行わないこととともに,現在最も広く受け入れられた習俗となっている。六曜は,室町時代初期に中国から伝わった暦注で,李淳風の《六壬時課(ろくじんじか)》に由来するとされ,それに基づく小六壬(しようろくじん)にすでに大安の名称がみえている。

【赤口】

(しゃっこう・しゃっく)

六曜において凶日とされる日。あらゆる物事に対して不吉とされる。ただし、正午に限って吉。「赤」の字が示すとおり、刃物や火の元には特に要注意とされる。

【先勝】

(せんかち・せんしょう・さきかち)

六曜星の一で午前は吉、午後は凶、急いで吉とされる日。

【友引】

(ともびき・ゆういん)

六輝(六曜)のひとつ。大安に次ぐ吉日。結婚式などの慶び事にはよい日だが、正午は凶とされる。「ともびき・ゆういん」ともいう。挙式のスタート時間は正午を避けて。

【先負】

(せんまけ・せんぷ・さきまけ)

何事も先んじてはいけないとされる日。午前中は凶、午後からは吉とされる。訴訟などの争いごとは起こさないほうがよいとされる。

【仏滅】

(ぶつめつ)

結婚式などの祝い事も避けたほうが良いとされている日。すべての催事は凶であるとされる。会場も空いていることが多く、気にしない人は割引プランなどもあるのでチェックして。

 

 

 

 

 

>>大安吉日カレンダー