e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

覚せい剤によって引き起こされる症状

覚せい剤とその起源は?

覚せい剤とは、メタンフェタミンとアンフェタミンなどの

塩類(化合物)やそれらを含有するものをいいます。

第二次世界大戦中には、旧日本軍からの流出と国内の製造によって

ヒロポンが大量に市民に出回りました。

昭和26年、覚せい剤規制法が制定され規制されるようになりましたが

昭和29年には約5万6,000人という史上最悪の検挙者数を記録しました

覚せい剤は、ピロポン・シャブなどからスピード・エス・アイスなどと

呼ばれるようになり「痩せる」「集中力があがる」などと謳われ、

好奇心やファッション感覚で使用するケースもみられます。

 

 

すごく恐ろしい「覚せい剤」の作用

 

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

 

初期に現れる覚せい剤の作用は、

中枢神経の興奮作用 ・交感神経の刺激作用 ・食欲減退 など

それらの作用により、気分は爽快になりき 気力・体力が

みなぎる感覚や、仕事や勉強に集中でき、不眠も平気になり、

食欲減退による体重減少などが現れるといわれています。

しかし、すぐに強い依存が形成されると同時に

使用量を増さないと効果を感じないようになる

「耐性」がつき、覚せい剤との関わりを悪化させます。

また、中毒性精神病の発現が起こることにより

・不眠 ・混乱 ・幻覚 ・不安 ・被害妄想

などを抱くようになり、その一方で攻撃性が増し他人に

危害を加える場合もあります。長期使用すると体の各臓器に

多大な影響があり機能障害など起こす可能性ばかりでなく

死に至ることさえあります。

 

 

なぜ「覚せい剤」への依存が形成される?

 

「たった一度の好奇心」で使用した覚せい剤は、

あっという間に覚せい剤への依存が形成されてしまう怖い薬物です。

覚せい剤だけでなく他の薬物に関してもいえることですが、

「精神的依存」と「身体的依存」によって薬物依存を引き起こします。

「精神的依存」とは、精神的に薬物の使用を激しく欲求し、

いつどこにいても薬物を手に入れようと四六時中、

薬物のことを考えるような精神状態のことをいいます。

これに対し「身体的依存」とは、薬物を使用できなくなることにより

禁断症状などの身体的に苦痛な症状が起こる状態をことをいいます。

また、覚せい剤依存症が進むに従い使用量を増やさないと効果が

得られにようになる「耐性」がつくられることにより、

覚せい剤の使用量を増さなければならなくなります。

こうして「精神的依存」のためより興奮などを求めると同時に

「身体的依存」により体の苦痛を取り除くために覚せい剤の使用

が増え依存が進んでしまいます。

 

 

「覚せい剤依存症」の治療方法

一度でも、覚せい剤に侵された脳は、覚せい剤をやめようと

決意するだけでは、到底、止めることは出来ない状態になります。

専門の医療期間等に入院し「覚せい剤のない環境」で計画的な

「心理療法」と「薬物療法」を継続することが必要になります。

退院後も支援施設や自助グループなどへの参加と医療期間への

通院などを行い「覚せい剤を断ち切る環境」で生活することが大事です。

 

 

 

 

 

ダメ。ゼッタイ。

 

覚せい剤使用による女優やミュージシャンが逮捕が目立ちますが

一般社会においても、覚せい剤の乱用者が低年齢化しています。

「少しぐらいなら大丈夫」なんて使用しないようにしてください。

覚せい剤は怖い「ダメ。ゼッタイ。」と再認識して頂けたらと思います。