057983

お歳暮マナー&相場と人気ギフト

お歳暮の由来

「お歳暮」という慣習は、お正月に祖霊(先祖の霊)を

迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが、

起源とされています。

かつて「お歳暮」で、贈られていた品物は、

塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなどの年越しに必要とされる

御供え物でしたが、現代ではそういうことにはこだわらず、

さまざまな品物が贈られる様になりました。

現在では、日ごろお世話になっている方々への年末のあいさつになり、

贈答儀礼に変わりつつあります。

お歳暮は誰に贈る

お歳暮には贈らなければならないルールはありませんが、

いつもお世話になっている方に贈りましょう。

・両親 ・上司 ・仲人 ・先生

・友人、知人 ・兄弟姉妹、親戚など・・・

お歳暮の贈る時期

【関東では12月初旬から12月31日】

【関西では12月13日から12月31日】

季節のあいさつなので、贈るタイミングをはずさないように。

正式には「事始めの日」というお正月をお祝いする準備を始める

12月13日から12月20日までに贈るものとされていたのですが、

現在では11月末頃から贈られる方も増えています。

また地域によっても贈る時期にも違いはありますが、

師走の忙しい時期に届いて、迷惑をかけない様にする為にも

20日ぐらいまでに贈るのが無難ですが、お正月用の

生鮮食料品を贈る場合などは遅めの方が親切な時もあります。

お歳暮の贈り方

正式なマナーでは、風呂敷に包んで持参するとされていますが

インターネットの普及により宅配便で送る方も増えています。

宅配便で送る場合は、送り状を郵送するのが正式なマナーです。

品物に同封するか、または品物が届くよりも早く「送り状」が

届くようにしてください。「送り状」には日頃お世話になって

いることへのお礼や、お歳暮を送ったということをはっきり

書くようにします。

お歳暮の相場

 

一般的なお歳暮の相場は、だいたい3,000円~5,000円です。

感謝の気持ちの詰まった、喜ばれる物を贈る様にしてください

では、どんな贈り物を選べば良いのでしょうか?
 

子供のいる家庭には、ジュースやお菓子

 
かりんとう あられ・羊羹詰め合せ
 
亀田製菓 おもちだま
 
デルモンテ100%ジュース詰め合わせ
 
UCC インスタントコーヒーギフト
 

冬に喜ばれる鍋の食材

 
本場 山口県産 とらふぐ鍋セット
 
比内地鶏きりたんぽ鍋セット
 
滝川名物 あい鴨鍋セット
 
お手軽調理で大人気!すっぽん鍋 とっぽ鍋
 
味噌仕立ての割り下でいただく あんこう鍋
 

地元の銘菓や特産品

 
[両口屋是清]銘菓詰合せ
 
[叶匠壽庵]銘菓詰合せ
 
鹿児島県・枕崎特産品 さつま揚げのギフトセット
 
沖縄太もずくの代表”勝連産”
 

無難な調味料や消耗品

 
味の素調味料バラエティセット
 
ノンオイル万能たれ 『ナンデンゴたれ5本セット』
 
柔軟剤の香りが選べるセット

根強い人気の商品券やカタログギフト

 
全国百貨店共通商品券
 
グルメカタログギフト
 
カタログギフト3000円コース
 

お歳暮の贈り物について

 

毎年同じ物を贈るというのも良い選択です。

先方の方も、毎年楽しみにしてもらえるだけではなく、

「毎年○○を贈ってくれる山田さん」というような

良いイメージが付く事でしょう。

また先方の好みがわかっている場合などは、個人的な好みを

汲んだプレゼントを贈る事で、好感度アップにつながります。

お歳暮の注意点

贈り先の方の好物がわからない時などは、珍味などは

避けた方が良いでしょう。また好物であっても

保存がきないものを大量 に贈らないなど、

食べきれない場合の保存についても気配ること。

これからも良いお付き合いをしていく為にも

贈り物には十分配慮してください。

 

 


ありがとう