クローゼット・押入れのカビ対策&防止策で衣類を守る

クローゼット画像

梅雨ですね。

この時期注意するのはカビの繁殖です。
中でもクローゼットや押入れの中は、湿度が高くカビの生えやすい場所になります。

 

以前クローゼットの中をカビさせてしまったことがあります。
中に入っていたお気に入りの服や高価な物がカビ臭くなり泣きました…

何よりクローゼットの壁にカビが繁殖してしまい、一度生えてしまったカビの処理はとても大変でした。

 

大事な衣類を守るためにも、カビが生える前にカビを生やさない対策をすることが大事です。

 

ここでは、簡単にできるクローゼットのカビ対策をご紹介します。

 

 

クローゼットがカビやすい原因

・換気不足

クローゼットイメージ画像

クローゼットの中の物を出し入れする以外に扉を締め切っていると、あまり換気されない状態になっています。
普段閉ざされているクローゼットの中は、湿気が溜まりやすくカビの繁殖には絶好の場所です。

カビは、湿度70~80%以上、部屋の温度が20〜30℃位が繁殖しやすい環境です。

 

 

 

・脱いだ洋服をすぐしまう

脱いだ洋服を吊るすイメージ画像脱いですぐの洋服をクローゼットにしまうとクローゼットに湿気を持ち込んでしまいます。
湿気を吸った状態の洋服をすぐにクローゼットに入れ締め切ってしまうと、中で湿気がこもりカビが繁殖してしまいます。

クローゼットは湿気がこもりやすく、湿気以外にも臭いを持ち込んでしまうので、脱いですぐの洋服はクローゼットにしまわない方が良いです。

 

 

・収納物が多い

収納物が多いイメージ画像

クローゼットに洋服や物がすき間なく詰め込まれていると、通気が悪くなってしまいます。

クローゼット内の通気が悪いと、クローゼットに入れている洋服や物、またクローゼット内の壁にカビが生えやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

・掃除不足

ほこりイメージ画像

ホコリには「カビ胞子」やカビの栄養源となるものがたくさん入っています。

クローゼットは閉ざされた空間なのでホコリがあまり入らないと思いきや、実はホコリが蓄積されやすい環境だそうです。

洋服はホコリの原因となる綿ぼこりを発生させやすく、あまり掃除をしないでいるとホコリが蓄積されていき、湿気と温度によってカビが発生してしまいます。

 

 

 

 

 

クローゼットのカビ対策

・換気をする

クローゼット換気イメージ画像最も重要なことは換気です!
換気をして湿気をためないことはとても大事で、湿度を抑えることによりカビの繁殖を抑えることができます。

定期的にクローゼットの扉を開けて、空気を入れ替える時間を作るようにすると効果的です。

外出のときは扉を少し開けて出かけるなど換気の時間を取り入れてください。

 

 

 

・着用した洋服をすぐ入れない

湿気を含んだ洋服イメージ画像1日着た洋服は湿気をたくさん含んでいます。

クローゼットにすぐしまわず、一晩外で吊るして乾かしてから収納するようにしましょう。

 

 

 

 

・物を詰め込まない

すっきりしたクローゼットイメージ画像クローゼット内の通気が悪くなってしまうので、クローゼット内は物を詰め込まない。服をぎゅうぎゅうにクローゼットに掛けないことを心掛けます。

何年も着ていない洋服は処分するなどして、ゆとりを持った収納を心がけ、クローゼット内の通気を確保するようにします。

 

 

 

・カビ対策グッズ

カビ予防グッズ画像市販で販売されている防カビ剤や除湿剤を使いカビの対策をするのも効果的です。

 

 

 

 

楽天で見る

 

また、空気清浄機は空間のホコリをフィルターでキャッチしてくれるのでカビの栄養になるホコリ対策に適しています。

 

・クローゼット内の掃除

クローゼット掃除イメージ画像ホコリが溜まりやすいクローゼットの中。
出来れば床だけでなく天井や壁も、定期的に掃除すると効果的です。

一緒に壁にカビが生えていないかなども時々チェックしてみてください。

 

 

 

 

まとめ

 

カビを発生させないためには換気がもっとも最適です!

密閉性に優れている今の住宅はカビが生えやすい環境なので、梅雨のみでなく一年通してカビ対策されるとより安心に過ごせます。

 

私は一度カビを繁殖させてしまってカビの処理に懲り懲りしたので常にクローゼットの扉は開けっ放しにしています。

ただ、開けっ放しは防虫剤を使っている方には効果が外に出てしまい良くないといったこともあるので、出かけるときだけなど自分に合った換気方法を行ってください。

 

カビが発生してしまう前にぜひ予防策をとって、大切な衣類をカビから守ってください。